外壁塗装やエクステリアは業者に依頼しよう│雨漏りの見つけ方も

2人の男性

発生場所を探そう

雨漏り

雨漏りといえば、雨天の際に天井から雨が滴り落ちる現象を想像する方が多いと思います。しかし、雨漏りとう現象はそれだけではありません。見えない場所にも雨漏りは発生するのです。雨漏りを放置すると、後々に自宅に大きなダメージを残してしまう可能性があります。それを避けるために、できるだけ早期に隠れた雨漏りを見つける必要があります。最も分かりやすい雨漏りは、天井などにシミがあるものです。これは雨漏りした後に、それが乾いた証拠とされます。家主が雨漏りをしていること自体に気付いていないときに、このようなシミが発見されるようです。たとえ家主が気付いてなくても、このようなシミは雨天時に雨漏りとなって水がした垂れ落ちる可能性があります。そのため、できるだけ注意して探す必要があります。もし、このようなシミが電化製品の上にできたら大変です。電化製品は水に弱いので、少しでも水をかぶると壊れてしまうものもあります。そのため、雨漏りの跡のシミを探すときは電化製品に上から注意深く探すようにしてください。また、シミ以外にも雨漏りの証拠となるものがあります。たとえば、室内の壁に触れたときに、湿っぽいときは雨漏りが発生している可能性が高いようです。壁を触る機会はなかなかないと思いますが、雨漏りが心配な方は雨天時に壁に触れてみてください。もし湿っている様子なら、天井にシミができていないか確認する必要があります。ここから雨漏りが発生するときがあるので、壁の湿気は雨漏り発見する上での重要なポイントになります。さらに、室内がカビ臭い場合も要注意です。カビは湿気が高いところに発生するので、どこかで雨漏りをしている可能性があります。カビが発生するような場所は慢性的な雨漏りが起こっていることがあるので、どこにカビが生えているのか確認することが大切です。